家事代行

定年後の仕事

家事代行サービスの仕事は特にシニアの女性に人気となっています。その名の通り、日常的な家事を仕事とするため、家事経験が豊富なシニアが多く働いています。

昨今は共働きが主流となっている家庭が多いことや、女性の社会進出も手伝って、家事代行サービスの利用が増えてきています。欧米では一般的なベビーシッターやキッズシッターを希望する家庭もあり家事代行業務の需要が高まっています。

家事代行業者では、一般的な家事(掃除、洗濯)の他にハウスクリーニングといったエアコンの掃除など特別な作業を含む場合もあります。またペットのお世話や高齢者の病院への付き添いなど、幅広く対応している家事代行業者もあります。

業務内容

家事代行業務では一般的な家事をおこないます。家事代行業者によって、サービスプランが決まっています。依頼者が希望するプランをこなしていく業務となります。主な作業は以下の通りとなります。

部屋の片付け、掃除

部屋を片付け、掃除機をかけ、床や家具などを拭きあげたりします。基本的な掃除をおこないます。

洗濯

洗濯機を回し、洗濯物を干し、取り込んで畳むまでが一連の流れとなります。

水回り(お風呂、トイレ、洗面所、キッチン)の掃除

頑固な汚れが多い水回りの掃除は、家事代行の中でも人気のプランとなっています。

バルコニー、庭の掃除、植物の水やり

家の中だけでなく、外回りの掃除や片付けも業務内容のひとつです。

日用品、食材の買い出し、料理

買い物を代行する仕事や、サービスメニューの中に料理がある場合には食材の買い出しもおこないます。料理はその日の食事だけでなく2~3日分のおかずを作り置きするサービスもあります。

郵便物や宅配の受け取り

依頼主が不在時に、配達される郵便物や宅配便を受け取るといった仕事もあります。

上記以外の換気扇内部の掃除や、レンジフード、エアコンの掃除などは特別な技術を必要とするため、ハウスクリーニングとなります。ハウスクリーニングでは力仕事も多く技術や経験のあるシニアの男性が活躍しています。

家事代行スタッフは基本的に現場、つまり依頼者宅での業務となります。予定時間にしっかりと到着することや、最低限のマナーのもと行動することが求められます。きちんとした挨拶やモラル、そして十分な配慮が必要です。

求人傾向

家事代行業者のサイトでは求人が多くみられます。時給制のパートやアルバイトとして家事代行サービス会社と直接雇用契約を締結するのが一般的です。

また、会社によっては契約社員や正社員での採用を行っているところもあります。働いた分だけ収入となるので、自分次第でたくさん稼ぐこともできる仕事です。

メリット

今までの家事や育児の経験を仕事に生かすことができます。また多くの家事代行業者でマナーを含む研修期間が設けられているため実働までに自信をもって仕事ができるようになるでしょう。

また週1日2時間だけという働き方も可能、勤務地エリアも自分で選択することができます。自分のライフスタイルに合わせて希望通りに仕事ができるといった大きなメリットがあります。

デメリット

依頼主との相性が合わないことがあります。作業に対しての注意やクレームを受けるようなことが起こる可能性が考えられます。依頼主の家での作業では、物が紛失したり破損がおこった場合などに家事代行スタッフが疑われやすいという点もあります。

こんなシニアにおすすめ

掃除や片付けに自信がある方、人に喜んでもらえる仕事がしたい方におすすめの仕事です。家事という身近で慣れた作業と、適度に身体を動かす業務で無理なく続けることができます。また栄養士や介護士、保育士といった資格を持っていれば時給が高くなる場合もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました